iPhoneのデータ移行は機種変更時にも必要!データ移行の方法や注意点を徹底解説

iPhoneの機種変更を考えている方は、データ移行の方法についても下調べしておきましょう。旧iPhoneからのスムーズなデータ移行は、新iPhoneを快適に使うためにも欠かせません。当記事では、iPhoneのデータ移行方法の種類や種類別の特徴、データ移行の注意点などをご紹介しています。iPhoneの買い替えを検討中の方は、ぜひご覧ください。

機種変更にもかかせない、iPhoneのデータ移行方法の種類は3つ!

iPhoneを機種変更する際には、これまで使っていた旧iPhoneのデータを新しく購入した新iPhoneへ転送する必要があります。iPhoneのデータ移行方法は、以下3つです。

  1. クイックスタートを使う方法
  2. iTunesを使う方法
  3. iCloudを使う方法

次項でご紹介している、上記3つのデータ移行方法の各特徴を参考にしながら、ぜひ自分にマッチするデータ移行方法を選んでください。

iPhoneのデータ移行方法3種の各特徴

では、iPhoneのデータ移行方法3種の各特徴を見ていきましょう。

クイックスタートを使うやり方

クイックスタートを使うやり方では、Bluetooth機能をONにした新旧のiPhoneを近づけ、データをワイヤレス転送します。クイックスタートとは、iOS11以降に誕生した、データ転送機能のことです。しかし、新旧のiPhone間でデータを移行する場合には、新旧どちらのiPhoneもiOS12.4以降へのバージョンアップがかかせません。また、新旧のiPhoneを有線接続してデータ移行するやり方もありますが、その際、以下2本のケーブルが別途必要となります。

  • Lightning – USB 3カメラアダプタ
  • Lightning – USBケーブル

また、新旧のiPhone間で直接データ移行する方法以外では、iCloudの最新バックアップからデータを移行するやり方も選べます。

iTunesを使うやり方

iTunesを使うやり方では、新旧のiPhone以外にも、ネット接続ができるパソコンとUSBケーブルを使います。iTunesは、Appleが提供する無料ソフトで、Appleの公式サイトやMicrosoft Storeからダウンロード可能です。

最初の手順は、旧iPhoneのデータをiTunesへ保存する「バックアップ」と呼ばれる作業です。次に「バックアップの復元」と呼ばれる、iTunesへ保存している旧iPhoneのデータを、新iTunesへ保存する作業を行うと完了します。

バックアップとバックアップの復元は、iTunesをインストールしたパソコンと新旧のiPhoneを有線接続して行いますが、iTunesを使う場合、ネット接続の必要はありません。

iCloudを使うやり方

iCloudとは、Appleが無償提供(1部有料)しているクラウドサービスです。iCloudを使うやり方を簡単に説明すると、まずネット接続した旧iPhoneで、別空間にあるAppleのコンピューターへアクセスし、バックアップ作業を行います。続いて、ネット接続した新iPhoneを使って、Appleのコンピューターへ再アクセスし、バックアップの復元作業を行うイメージです。

前項で紹介した「iTunesを使うデータ移行」では、自分のパソコン内のソフトを利用して、バックアップやバックアップの復元作業を行いました。一方、ネット接続してアクセスし、別空間のAppleのコンピューターを利用して同作業を行うのが、iCloudを使うやり方です。

iPhoneのデータ移行の注意点

iPhoneのデータ移行の注意点として、以下のような事前準備が必要となります。

  • 新旧iPhoneのApple IDとパスコードをそれぞれ確認し、メモなどに控えておく
  • 新旧iPhoneのiOSを最新版にアップデートしておく
  • LINEを始めとする、自動引き継ぎをしないアプリの引き継ぎ方法を調べ、手続きを済ませておく
  • 使用中のSuicaを新iPhoneで使う場合は、旧iPhoneの設定の「WalletとApple Pay」を選択し、Suicaの情報を削除しておく

※Suicaには1つのデバイスしか登録できないため

  • 旧iPhoneの使用容量が新iPhoneの容量より小さいか確認し、使用容量の方が大きい場合は不要なデータを消しておく
  • 新iPhoneが中古の場合は、データ移行前に初期化しておく
  • データ移行方法に合わせて、BluetoothやWi-Fiの接続をONにしておく

自分に合うiPhoneのデータ移行方法を検討しよう

iPhoneの機種変更前には、3つのデータ移行方法の中から、自分に合うデータ移行方法を選んでおきましょう。パソコンを使いたい方やバックアップを取りたい方には、iTunesを使う方法がおすすめです。また、バックアップは取りたいが、パソコンは使いたくないと言う方には、iCloudを使う方法が良いでしょう。

クイックスタートを使う方法であれば、ネットに未接続でも実行できるだけでなく、iPhone間を有線で接続するやり方も選択可能です。ぜひ、自分に合うiPhoneのデータ移行方法を見つけてください。