iPhoneのバッテリーが減る原因って?症状や対処法も紹介!

今回はiPhoneのバッテリーが減る原因や対処法をご紹介します。iPhoneのバッテリーの減りが最近早くなったと感じている方は、その原因や対処法を当記事でチェックしてみませんか。また、iPhoneのバッテリー寿命の目安やバッテリーが寿命を迎えた際によくみられる症状、寿命のチェック方法が気になる方も、必見の内容です。

iPhoneのバッテリーが減る原因

iPhoneのバッテリーが減る原因は、バックグラウンドアプリやプッシュ通知などです。また、GPSやBluetooth、Wi-Fi設定を、常にONにしている場合もバッテリーの減りが早くなります。さらに、iOSのバージョンやiOSのアップデートの影響、アプリのバックグラウンド更新も、バッテリーが減る原因の1つです。

高温や低温の場所でiPhoneを使うことも、バッテリーの減りが早くなる原因の1つといえるでしょう。iPhoneの使用推奨気温は、0度から35度程度です。加えて、バッテリーの経年劣化もiPhoneのバッテリーが減る原因になります。iPhoneのバッテリー寿命の目安については、記事下部で詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

iPhoneのバッテリーの減りが早い場合の対処法

ここでは、iPhoneのバッテリーの減りが早い場合の対処法を、アプリや設定などの項目別にご紹介します。iPhoneのバッテリーの負荷を抑える方法が気になる方も、ぜひチェックしてください。

アプリ関係

iPhoneのバッテリーの減りが早い場合は、アプリの使用後、必ずアプリを完全終了させましょう。また、不要なアプリをアンインストールします。アンインストールするアプリを探す際には、設定画面のバッテリーを選択し、バッテリーの使用状況をチェックしてください。バッテリーの使用割合が高く、使用頻度の低いアプリがあれば、アンインストールするべきでしょう。

各種設定

プッシュ通知を利用している方は、プッシュ通知の設定で、通知の必要がないアプリの「通知を許可」をオフにします。また、GPSやBluetooth、Wi-Fiの設定は、使うときだけONにしましょう。さらに、設定画面の一般から、「Appのバックグラウンド更新」をオフにすれば、バッテリーを節約可能です。加えて、設定画面のバッテリーで、「低電力モード」をオンにすれば、通常時よりもバッテリー消費が抑えられます。

iOS関係

iOSには電池消耗が激しいバージョンも存在します。iPhoneのバッテリーの減りが早いと感じる方は、最新のiOSにアップデートするのも1つの方法です。ですが、iOSのアップデート直後は、処理が増えるため電池を消耗しやすくなります。

バッテリーの負荷を抑える方法

充電回数を減らすと、iPhoneのバッテリーの負荷を抑えられます。しかし、電池残量0%になってから充電すると、バッテリーへの負荷が大きくなります。そのため、充電開始のタイミングは、電池残量20%から30%程度になったときがおすすめです。

バッテリーの負荷を減らすためには、100%まで充電したら、すぐに充電を止めましょう。また、充電中の使用をできるだけ避けることも、バッテリーの負荷を減らすポイントです。さらに、バッテリーは高温状態に弱いので、カバーを外して充電するのも良いでしょう。

iPhoneバッテリーの寿命目安や寿命のチェック方法って?

iPhoneのバッテリーの寿命目安は、2年から3年程度です。つまり、iPhoneを購入してから2年から3年経過したら、バッテリー交換を検討しましょう。しかし、使い方によっては1年程度でバッテリー交換が必要になるケースもあります。

iPhoneのバッテリーが寿命を迎えた際の症状

iPhoneのバッテリーが寿命を迎えた際の症状は、以前よりバッテリーの減りが大幅に早くなった場合です。また、電池残量が残っているのに電源が切れる場合なども、バッテリーの交換を検討しましょう。さらに、以前よりもフル充電までの時間が大幅に長くなるケースも、バッテリーが寿命を迎えた際の症状の1つです。加えて、電池残量が5%から10%程度、一気に減る場合なども、バッテリーの交換を検討してください。

iPhoneバッテリーの寿命チェック方法

iPhoneバッテリーの寿命チェック方法は、設定画面のバッテリーを選択し、「バッテリーの最大容量」の数値をチェックしましょう。バッテリーの最大容量とは、フル充電した場合に、内部に充電される容量のことです。iPhoneのバッテリーは、フル充電を500回繰り返した際に、最大容量80%を維持する設計になっています。つまり、「バッテリーの最大容量」の数値が80%以下になっていたら、バッテリーの交換を検討しましょう。

まとめ

iPhoneのバッテリーが減る原因や対処法を知ることは、バッテリーを長持ちさせることにも繋がります。また、災害時など、万が一の場合にバッテリーを節約する際にも役立つでしょう。iPhoneのバッテリー寿命は2年から3年程度なので、その時期を迎えている方は、ぜひiPhoneのバッテリー交換を検討してください。